主婦がカードローンを利用するには

 

どのような予期しないことがあっても対応できるくらいの蓄えがあれば、毎月安心して生活できますが、現実はそうもいきません。

 

今月もなんとか貯蓄を切り崩すことなく暮らしていけそうと思っているときに限って、突然の冠婚葬祭や、友人が家に遊びに来たり遊びに出かけようと誘ってきたり、普段の足として乗っている自転車が壊れてしまったなどの、急な出費が必要になりがちです。なぜかこんなタイミングが多いんですよね。

 

 

こんなときに頼れるのは身内や親戚、友人知人ですが、お金の貸し借りなので全て断られてしまった。そんなときに頼りになるのが、カードローンです。

 

【銀行系カードローンなら主婦も利用できる】

 

収入がない主婦はカードローンを利用できるはずがないと思っている方が多いと思います。その原因は、2010年に貸金業法が変更され総量規制という年収がある人の借入限度額を年収の3分の1にするという規制がかけられ始めたからです。

 

これは収入がある人にお金を貸すということなので、主婦や無職の方はお金を借りることがかなり難しくなってしまいました。消費者金融であるアイフル、アコム、プロミス、モビットなどは総量規制のため、主婦の方の借入れは難しいと思われます。

 

ただ特例として、銀行系のカードローンは総量規制対象外なので、収入がない方でもカードローンを利用できる場合があります。銀行は銀行法という独自の法律で運営しているので、総量規制が適応されません。

 

ですので、銀行系であれば主婦の方でもカードローンを利用できるのです。銀行系としてはレイク、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行などがあるので、主婦の方はこれらのカードローンに申し込めば利用できます。